淡々と読書する日々

~知的好奇心と癒しの感性~

もし、「なろう」で本を書いたとして

 

興味本位で思考実験をしてみる。

なろうで小説を書いたとして、その後に本として売られるとする。どうやったら販売数を増やすことが出来るか考えてみる。「なろう」で知られたとしても、中々、本自体の売り上げが上がるわけではないと見た覚えがあったので思考実験の題材として良いかなと。

そのまま改良すること
  • 文字をまとめて読みやすくする
  • 挿絵を頼む
  • デザインを真似るか、頼む
限定作品
  • 「なろう」に書いていない派生作品を投稿するようにする
    ※身内での目利きの評価者が必要になる
  • 派生作品に興味を持ってもらうために、主な作品で伏せんを張ったり、派生作品の物語主人公のキャラクター好感度を高めておく
作者名のブランド
  • 作者名がブランドになるので、「なろう」や他のサイトで知名度を打って商品を出す
  • 粗悪品を出して叩かれた場合は、別の作者名を採用して、1からチャレンジするのもありか
出版での工夫
  • amazonで出版して、出版会社を通さないようにして儲けを貰う
    推敲とか文字のチェックを有料で他の人に頼むとか?