メニュー

このブログについて

 
やること

1.好奇心を満たして伸ばす

  • 知る
  • 考える
  • 思い出す

2.癒しの感性を磨く

  • 表現する
  • 情緒を楽しむ
  • 思い出す

3.健康体でいる

  • 定期的な筋トレ
  • 腸内環境を整える
  • 良質な睡眠

[joker]コミュニティを作る

好きな言葉

【新しいことに挑戦するとき】

  • Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. (Albert Einstein)
  • O God, give us
    serenity to accept what cannot be changed,
    courage to change what should be changed,
    and wisdom to distinguish the one from the other. (Serenity Prayer)
  • アノネ がんばんなくてもいいからさ 具体的に 動くことだね(みつを)
  • Done is better than perfect. (Facebook)
  • 多長根:人ごとに多くの長所や根源がある
  • 覚悟とは暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事だ(荒木飛呂彦)
  • 大切なのは真実に向かおうとする意志(荒木飛呂彦)
  • オレたちだけの「気持ちのいい道」だ。リンゴォの話だと、その先には「光」がある筈だ…「光」を探せ。「光」の中へ!(荒木飛呂彦)

【その後の在り方】

  • 努力は結果への一手段である
  • 結果は運や環境にも左右される
  • 試行回数を稼げる環境を作ろう
  • 一切皆苦:苦しみを全て同じグループに括って意味や価値をならす虚無思考。

 

向き合う塩梅メモ

 

構想を思いついたのでメモ。

恋愛は人間関係コミュニケーションの延長にある。人間関係は、時折テコ入れをして関係性を修復する必要がある。そのためには、相手の欠点を把握して適度に不満点を抱え込まない工夫と対話を通しつつ、相手と楽しい時間を共有していく必要があると考えている。

恋における一目ぼれのような衝動的な評価は、長期的に関係性を維持するには不安がある。しかし、恋愛は長期的に上手く行くようにしたい。

この解決策として、一目ぼれとは別の好きと愛着を相手から見つけて伸ばしていくことを考えた。関わる時に、時間をかけて好きになっていくものと掛け算を心がける。これによって、その不安点は減る。一目ぼれの好きが減っていくのは恋を継続するにおいて大事な指標だと思っている。別の好き、例えば愛着であったり言語化は出来ないだろうが別のリズム?を優位にしていき、すり替えれたら丈夫になりそうだなと思っている。

こうなると多分、私の方が相手のことを好きになるだろうから、それで失恋時にダメージだけ食らうのも癪なので、恋愛小説を書く機会にしようと思う。元々やろうと思っていた計画であるし、今さっき書いていた別の好きと愛着を見つける良い機会にもなる。未来の精神的な保険になる。創作に絡めてなら良い経験だったと振り返れそうだし。これなら割り切れる。国債と株買えって言ってる投資本思い出した、、うん、打算的だ。理性寄りの自分からGOが出たので、当分は感性寄りに任せることになりそう。

とはいえ、やりやすいような工夫とかも必要だろうし。

  • 自分から何かに誘うようにする
  • なるべく場が楽しくなるように心掛ける→難しい場合は諦める
  • 率直な意見も適度に言う
  • 楽しくなくなったら我慢せずに別に行ったり、別のことをする
    →その頻度が高くなって疎遠になるならそれも受け入れる。
  • 嫌だなと思ったことは自制して、同じ轍は踏まない

ここら辺は前回拾った経験則だし、継続してやっていけばいいのかなと思う。

他にも別の好きを増やすキッカケも引き続き探していくようにはしたい。

 

september36.hatenablog.com

september36.hatenablog.com

september36.hatenablog.com

抽象メモ

 

 

◆過渡期

  • 過渡期に変化した内容を分析
  • 変化前と変化後で何が改善したのか悪化したのか観察
  • 改善した場合は要因を見つけて要因の強化
  • 悪化した場合は改善策を片っ端から当てまくって原因を調査
  • 問題は細分化して、単純な要素にして解決

◆安定期

  • 過渡期に習得した情報から現状を向上する方法を実施し続ける

 

※大まかに過渡期と安定期に分けたが、実際は「過渡:安定=X:Y」のバランスになる

 

◆創造と批判について

  • 創造的な思考と批判的な思考は育てることができる
  • 創造的な思考は物事を同時に解決する可能性を高める
  • 批判的な思考は同じエラーを繰り返させない可能性を高める

 

  • 創造的な思考は時に現実を無視している場合があり、エラー原因となる
  • 批判的な思考は創造的な解決を最初から潰す要因となる

この2つの関係は片方ずつ交代で適度に発揮して進めていく必要がある。

 

◆創造

  • 思考を裂く時間があると可能性が上がる
  • 色々な情報のパターンがいる これはどこに情報があるのか予測できるものではない

 

  • ロマン増し増しの一点突破
  • 癖が既にある場合は、正当にまとめた時にいい塩梅で癖が出るはず
  • 形を整える
  • 下ごしらえのパターンを増やす パターンの列挙 人は体系化していない場合、7つ以上は覚えづらい

 

 

恋の逆張り

まず今回の恋をするとしても、第一に上手くいかずに別れる前提で立ち回ろうと思う。けれど、もしもの可能性を込めて、一定のルールを設けて頑張らずにやっていく工夫もしておく。やり続けるのは気合いじゃなくて、デザインが大事だ。自然とやりやすくなるようなデザイン設計がいる。ミスや問題が起きた時は、次に起こさないようなデザインや仕組みを作れば良い。例えば車の事故が多いなら、そこに信号を設置すれば良い、やりようはある。

別れると思っている理由は、その方が互いに楽しい人生を歩めそうだからだ。

私はテキストベースで考えたりするのが好きな性格だ。グルグルとひとり歩きながら考え事に耽ったりするのが好きで、それを共有できる人が居ると言葉が弾む。抽象的なこととか、そういう事の話をするのも好きだ。一方で、彼女は感覚的なことが好きだ。その差がどうにも埋まりそうにない。距離的な問題も有るだろうけど、そこは運命ではなかったと捉えるかな。それと、好きでい続ける自信が無くなってきたのもある。一緒に楽しい時間を過ごすという機会が無くなってきているのが主な理由だろう。共通の趣味はあるけれど、それをする時間も合わなくなってしまう。あとは、恋情が一目惚れから始まっていて、それが覚めつつあるのも1つの要因かなとは思う。

一緒に楽しく過ごす方法は今後も考えていく。考えていくけど、見当たらなかったら、それはそれで運命ではなかったと諦めよう。何かアイデアが生まれないかの種も撒いたけど芽生えるかは運次第な気はする。好きな人といる時は楽しくあれるように心掛けたい。それが叶わないのなら、互いに楽しい時間を過ごせないのなら、そんな関係性は解消した方が互いに自由に動けるかなと……別に恋人関係はそれだけではないのだし、作ろうと思えば作れるだろうから、互いに興味のある方向を向いた方が楽しく生きれると思う。

(イツメンといる時もワイワイガヤガヤしたい… たぶん劇トークを覚えれば変わるんかなーとは思う。身に付けるか〜)

 

別れる前提で立ち回る。主にやることは、楽しくなければ譲歩はしないけれど、楽しくするように心掛けるかな。恋愛はそもそも人間関係の延長なのだし、私的に健康的なコミュニケーションを心掛けとく。変に譲歩して疲れて相手に当たるのも不健全だし、ほどほどに楽しいものを持ち寄れるような距離にしておく。

 

  • 自分から何かに誘うようにする
  • なるべく場が楽しくなるように心掛ける→難しい場合は諦める
  • 率直な意見も適度に言う
  • 楽しくなくなったら、我慢せずに別に行ったり、別のことをする→その頻度が高くなって疎遠になるならそれも受け入れる。
  • 嫌だなと思ったことは自制して、同じ轍は踏まない

 

それをしていて、別な人が気になればそれで良いし。相手方も好きな人が見つかればそれで良いかな感がある。静かに関係性が変化していけば良いなと。嫌な思い出にしたくないというか、良い思い出でしまって置きたい気持ちが有るかな。当時は当時で良い思い出だったのは確かなのだし。否定したくないんだよな。

 

情報整理してスッキリした。前とは違って反省しつつ、向き合えている方だと思う。よし。恋愛作品を作りたいから、どうにか良い感じに収めたい気持ちもある。モヤモヤしている時にはテキストベースに落とすと楽だ。会話だとあんまりまとまらない。だからテキストセッションのTRPGも気になるのだよな〜

水泳でクロールを身に着けた時のメモみたいだな。

ミステリ熱が来ている

 

ミステリ熱が来ている。これをシナリオとか創作に生かせないかと思っている。ストーリーの大筋は作れているから、それをどのように演出して読者だったりプレイヤーに楽しんでもらうかが創作で今後大事になってくると思う。

繊細な描写をして、物事を表現するのは正直面倒くさい。ああでもこうでもないと考えて文章を推敲しまくって書くのが面倒くさい。だとするなら、ギミックを通じて描写をしていけばいいじゃないかーー、で進めていく。読書もしくはプレイヤーにこの先の展開を期待をさせておいて、期待を裏切る真相を用意する。

 

コナンを1話からずっと観なおしているからが原因だとは思っている。現在は366話まで見ている。ここまで連続で見ていると犯人当ての癖が出てくる。これは、アニメとして面白い結末が用意されているか?が意外と重要だったりする。

  1. 原因を探るときは仮説をいくつか立てて、そこから無理なものを引いていき、残ったものが真相になる。

    毛利小五郎が推理する内容は、状況証拠を整理するために使われる。
    小五郎のおっちゃんが敢えてミスリードして仮説を潰してくれる。
    これが視聴者にとってもメタ視点を与えてくれて、現状を理解しやすくしてくれる。

  2. 事件のヒントに気づくことで推理が進む

    少年探偵団などがする、事件とは全く関係ない日常会話から、犯人が殺人に利用したトリックと同じ原理が出てくる。これで、遠回しにヒントを出している。
    視聴者的にも、事件にまつわるトリックをいきなり紹介されても「??」が頭に浮かんで、アニメが純粋楽しめないんじゃないかと思う。そこを分かりやすく、日常会話とかふざけた雑談を通してヒントを出してあげる図になっている。

    コナン君とか灰原哀ちゃんが、冷静で頭がよく働くキャラクターとしてたとえ話を用いて推理に導くと言うもあり。

  3. ネタバラシ

    推理ものにおいて重要なのはネタバラシをいかにカッコよく演出するかになる。仮説が少し間違っていたとしても、堂々と推理内容を語って相手に伝えに行く。

    ここで変に気負うキャラクターでやっても締まりがないのかなと感じる。


推理モノを作る時に必要な登場人物がいるんだなと、コナンをざーーっと見ていて感じている。

  1. ミスリードをして、複数の仮説から異なるモノを消してくれる人物
  2. 趣味嗜好が全然違うキャラクターで、それぞれの視点からヒントを言ってくれる人物
  3. 推理を堂々と話す人物

この3人の役割が居て、ミステリものは成立するのかなと感じている。

 

創作話

そういうことで123を満たすキャラクターを作成したい。

1ミスリードをして、複数の仮説から異なるモノを消してくれる人物

まずは、1になる。1で考えられるのは調子者のキャラクターになるかな、すぐにでも結果を求めるようなキャラクター。でも憎めないキャラクターが良いんだよなー。毎回同じようなミスリーディングをさせるのもなと。

  • 旧式のロボット:SF世界観のシナリオだと、旧型のロボットかな。現実的に考えてそうなるかなー。むしろアイデンティティとして可愛いらしいロボットだなと思ってもらえればいいし、良いのかな。
    ※旧式ロボットだから劣っているんだ、という認識を強めたくないんだよな。旧式ロボットだから出来る回答への至り方があったほうが意外性があって、面白いかなーとは感じるので、あんまり選びたくないかな。

  • アイドル型の生成人格:「偶像の市民参加」より、初期人格を幼く設定された偶像型アンドロイドかな。そのアンドロイドと一緒に謎を解明する。「これってきっとこうなのかな。最近知ったんだけどさあ、、、」みたいに、好奇心旺盛だったり、ミスリーディングも多く含む会話が繰り広げられる。
    この子の成長過程で、この子自身がミスリーディングに気づいて賢くなっていく過程も描けたら面白そう。

  • ファミリーのお調子者:ユートピア区域に住む新人類で形成されたファミリーだと、そのままお調子者が仮説を潰していくのかなーと思う。主にフィールドワークで義体操作が得意な方がミスリードしやすいかなー
    ※研究バリバリするお調子者も多くいる世界観ではあるので、必ずしもミスリーディングを引きずるタイプではない。先に仮説を全部言っちゃうタイプかな。作品に出すとしたら、小出しにしていった方が面白いので、言わせないキャラクターを選んだ方が面白いかなー

難事件であれば、これ以外のキャラクターでもミスリーディングはしてしまうのかなとは感じる。実際、コナンとかでも目暮警部がやっていたりはするし。

趣味嗜好が全然違うキャラクターで、それぞれの視点からヒントを言ってくれる人物

このキャラクターは固定化させるのが難しい。場所を変えれば、こういうキャラクターを生成して場面を盛り上げることはできる。そうは言っても、どういうキャラクター達を集めるかは考えておいて損はないはず。

  • 出生が異なる
  • 種族が異なる
  • 住んでいる地域が異なる
  • 年齢が異なる
  • 趣味が異なる

切りがないな、、、とりあえず、推理モノを作りたければ、メンバーは個性豊かなキャラクター達で揃えておくと推理に幅が出て楽しいのかなと思う。

推理を堂々と話す人物

ファミリーのまとめ役、コミュニケーションが取れるチャットボット、人工知能、その物語の主要人物、プレイヤー自身。ここは主人公ポジかな。主人公は善意で動いていて、謎はなぞのままに置いておいて、物語を進めていき、最後に全知全能のタイタンAIがネタバラシをするというのも乙そうだな~~ いいな~~創作楽しくなってくる

 

10月以降

4月から9月までは、コロナの動向を気にしながら、カラオケに行ったり創作ネタを貯めたり、外出して観光したりという生活スタイルにする。コロナが落ち着けば、水泳にも通うようにしたい。泳ぐようにするとQOLが上がる。

 

10月以降は、それをベースにしてSFシナリオのKPを中心にしつつ、SFシナリオを中心に回るようにする。オリシの作成を進めつつ、世界観創作を続けていく。同卓者からは相変わらずキャラクター深度を学べている。あとは、卓を通じてキャラクターオマージュのオマージュがすんなり出来るのが良い。認知するキャラクター幅が広がる。

 

他に考えることは

  • 世界観創作をバラして単シナリオにする
  • 世界観創作から何に繋げたいのか考える

 

仕事は変わらず、頑張らないように成果を出せるように進めていく。頑張らなくても成果がコンスタントに出せるほうが良い。

モヤモヤする時期

 

最近モヤモヤする。

○どう立ち回ったら良いのかが見えてこないから?

⇒いや、立ち回り方は見えてはいる。今後の3ヶ月5ヶ月までの過ごし方と方針は決まった。卓経験を生かして、世界観創作を深める工程に入る。感染に注意しながら、外出する趣味に切り替える。3ヶ月後にコロナが落ち着いていたら、念願だったジムに通うのも考慮する。歌についても見直したい。後たまに、卓友達のとこに顔を出すようにはする。

 

○卓の依存状態からの禁断症状が出ているから?

⇒全てはこれな気がする。ただ、これも継続していけば元に戻る類なもの。経験則から創作生活に戻れば落ち着いていくと見ている。

 

○今できること

⇒誰かの役に立てることを考えてやってみるとか。感謝と寛容の感情時に、頭に流れるホルモンが枯渇している気がする。優しい事象を起こして、心和やかにしたい……どうしたら良いのか分からない。

 

⇒他の方のシナリオ創作に付き合うとか面白いんかな。アイデア出し要因とテスト要因になるとか?でも、微妙かな……人間の特性上、自分の出したアイデアを高く見積もる傾向が有るから、居ない方が良くて余計かな……

 

⇒ネガティブとポジティブが混ざりあった日記書いて精神落ち着かせるとかかな…

 

⇒SF創作で推しの登場人物出すとかかな。陰陽師の安倍晴明とか好きだから、ああいう訳わからんチートキャラをSF世界に作って、冒険譚の創作するかな……そうなってくるとディストピアサイバーパンクでやると楽なんだよな…

ああ既存の世界観を再利用しているの負けた気がする……敗北の味がする………(泣) 

 

ユートピアとディストピア混ざりあった自然淘汰型のSF世界観なあ……まだベースが作りきれてないから、SF考証を入れないと毎回創作できないのが難しいところだな……サイバーパンクは既存作品が沢山あるから、完成されているのだよな……それをそのまま使うのは、、、うーーーん(泣)

 

クトゥルフで言うドリームランドでした…とか、仮想現実でしたなら有りなんだけども、有りなんだけども、そこメインじゃないんだよな……慣れだすと創作の芯がブレだすし…嫌じゃあ…………好き勝手に明晰夢やりたい。

月の地下施設なら有りかなあ……うーん、それもなあ……地下施設の魑魅魍魎が闊歩する巣窟とか?うーん……ムズい…!!

 

○読書……読書ぉぉ、最近やってないな……SF小説を英語で読むとかしてみるかな。電気羊とか結局読んでないからな。この単語なんて意味じゃあ???って唸りながら読むのも悪くなさそうだし。有りだな。