新奇性探求が低く、損害回避は並

 

Genelifeの遺伝子検査を受けていた。Genelife Premiumで検査を行えば他の検査キットを買うよりは値段を抑えられると思う。その場合、年会費で払うことになるので退会のタイミングに注意した方が良い。(2019/8現在)

遺伝子検査では性格を決める要因である遺伝子について調べてくれる項目がある。その中でも、新奇性探求と損害回避の項目について考えさせられた。

 

遺伝子を踏まえてどう生きるか

genelife.jp

 

Genelife premumの遺伝子検査で、新奇性探求が低かった。5段階で一番下の評価だ。

気質とは性格の初動値とも言うべき、本人の行動に自動的に影響する性質のことで、生涯を通して変わりにくいという特徴を持つ。例えば、気質の代表例である「新奇性探究」はドーパミン(dopamine)の活動と深くかかわり、人を衝動的で活発にする。その他、「損害回避」はセロトニン(serotonin)の活動と深くかかわり、人を心配性で、抑制的にする。

引用:クロニンジャーによる気質理論 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス


f:id:september36:20190806005238j:image

 

うすうす理解していた。自分が選択をする時に重視するのは、見慣れているかで判断することがよくあった。それと自分ルールに従っているかも判断基準だった。

 

新奇性探求が低いというのは、新しい物事を理解しづらいという訳ではない。新しい事への理解は開放性によって評価する。開放性は並だった。


f:id:september36:20190806010508j:image

 

損害回避は並だった。新しいものへのワクワク感から行動するというよりは、未来の不安や脅威に対して行動する方が少し多めという感じかな。

このブログをはじめた理由も、ワクワク感というよりは「本を読む習慣がないと未来で困る」という漠然とした不安も混じっている。

 

他の人は新奇性探求が強くて、本を読む習慣が無くても情報を収集できるかもしれないけど、自分は慣れてないとモチベに繋がらない。だからこそ習慣にしておかないといけないという不安が無意識にあったのかもしれない。

 

今は少し変わって考察するのが楽しいから本を読んでいるところがあるので、前のような強迫観念で動いている訳ではないし、薄まっている。

 

自分ルールに新しさを組み込む

新奇性探求や損害回避の結果に対する記事があった。

損害回避性格でも、新奇性探究性格のような積極性を身につけられるトレーニング法 ... ...

第1は情報の入手ルートを広げて新しい情報を収集すること。みんなと同じ情報を同じタイミングで読んでいるだけでは、人と違う新しいことは発見できないし、新たな行動にもつながらない。

... ... そこでお勧めしたいのは、英語の勉強だ。... ...

第2に本をたくさん読むこと。友達をたくさんつくるのも悪くはないが、友達はどうしても自分と同レベルの人が多く、勉強になる情報はあまり入ってこない。かといって、自分よりも上のレベルの人が簡単に友達になってくれるはずもない。

第3に、適当なノートやメモ帳を「ネタ帳」として持ち歩き、気がついたことを何でも書き留めること。

引用:前例踏襲克服:生まれつき気質の逆転トレーニング | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

要は、自分の性格を理解して補ったり長所を伸ばすように動けば良いんだと思う。

 

自分は慣れ親しんだものに固執する特徴がある。その慣れ親しむもの中に、新しい知識や経験のキッカケが入っているものを定期的に摂取できるような生活が望ましいということかな。自分ルールを作っていこう。

 

だから読書を継続するのは決定している。

運動をするのも良い、運動後は新しい事に挑戦する気力が湧いてくる。

他に取り入れたいのは、自分が趣味にするもので異なる価値観を持つ人と交流する機会だ。異なり過ぎても興味が沸かないからこそ自分の趣味の延長で探したい。

英語に親しむためにも、自分が好きなものを英語で調べてみるたり、メディアを活用しよう。

 

新しさを受け入れやすい自分ルールを作らなければ、この先の人生は新しさを取り入れる事なく自分は廃れていく可能性が高いようにも思う。(笑)

 

羨ましさ

どうしても、前に本で読んだことがある内容や観たことがあるものでないと興味が沸かない自分がいる。敢えて、現在知っていることと絡めて考察することで興味を維持させる工夫は合っていると思う。

 

興味がなくても、日常で何気なくかけている曲が知らぬうちに好きになったりするので、新しい事への順応性が無い訳ではない。ただ、自分から新しい事に触れようとする時に気力が湧かないことがある。

 

そういう時に、自分が知らないことに興味を持っている人に会うと、刺激が得られて新しい好奇心に繋がるので本当に感謝している。

 

 

他参考

Cloningerの気質・性格モデルとBig Fiveモデルとの関連性

クロニンジャー理論について知りたくなった。また本を読むかもしれない。

煽り見出しだが、内容はそうでは無いよと言ってる記事

next49.hatenadiary.jp