淡々と読書する日々

日常と読書から得られる気づきをまとめます。挑戦と癒しのある日々を作ろう。

震災ボランティアに行っての感想

震災のボランティアに行ったこと無かったから貴重な体験だった。前回行ったのも記事を書こうとしたんだけど、モヤモヤ感情が整理できなくて書いてなかった。

ボランティアで気づいたこと

共感していこう

ボランティアでは一時的にチームを組んで一緒に作業を行う。そこで、自分は話してすぐ仲良くなるのは難しいと感じた。相手の感情に共感するとか、気づくことが大切なのかもしれない。そのためにユーモアを考えてみるとか、喋りの語尾を真似てみるとかかな。体験が多いと、体験に関する話で合わせられるのも利点が多いと思う。

体力を増やそう

体力不足が目立ったかな。体力が一番増える時期の小学生で太ってたし仕方ない。体力を徐々につけよう。毎日運動しないと意味なかったわ。

有酸素運動を毎日行っていきます。風邪にならない丈夫な身体を作ろう。水泳の他にも有酸素運動を毎日入れていく。

時間を有用に使おう

ボランティアで色んな都道府県の方が来ていて、人生の在り方を考えさせられた。自分の時間を大切にして、誰かの部分を補えるような成果を出そうと前向きな気持ちになれた。

毎回、ボランティア活動が終わった後にモヤモヤした感情が残る。もっと効率よく震災被害を受けた場所を修復できる方法がないのか悩む。長期間で修復をしていくけど、もっと簡単で最速で安全で治せる方法を探したくなる。ボランティアの現場では、作業する側が今までよりも作業がしやすいように徐々に手配されていた。

実際する仕事での最適ルーチンを知りたいのもあるし。震災の復旧システムの改善点を探したくなる。例えば、必要なところに人員を配置出来たら、作業効率も精神的疲労も少なくて済むみたいな。経験者の知恵を広めておいて、作業を少ない力で同じ成果を出せるようにしたり。数秒の差だろうけど、長期間行う念頭で考えるなら悪くないように思う。

日頃で何気なく使っている数秒への感覚の差を感じた。

「重力で宇宙を見る」を読んだ

 

宇宙に関する知識をあんまり持ってないから、入門書から読んでみた。次も入門書読もうと思っている。前に興味でて調べたM理論とか、超弦理論の本も読んでみるの面白そうだ。

重力をテーマに、科学会での有名な著名人をさらっと紹介しつつ好奇心を引っ張てくれる良書だった。この本の内容でSF映画インターステラーに触れられていたので、著者も観てたのだろう(笑)

重力で宇宙を見る

重力で宇宙を見る

 

 

重力波は時空を歪ませることが出来る。重力は物質が密集することで生まれる。面白いよね。この動画の実験風景で布を時空として考えているのが理解しやすい。

 

www.youtube.com

重力波について

惑星がぶつかってブラックホールになり中性子星を作る。その際に出来た残りカスが、重力波として四方八方に飛散する。

アインシュタイン一般相対性理論で、だいたいの現象を説明できるけれど、実際の重力波の観察には誤差が含まれているので、重量波の観察がこれから2020年2030年で精度が良いものが出てきて、アインシュタインの式が正しいか正しくないか分かりそうだ。

重力波の観察にはレーザーが用いられていて、つい最近にレーザーの仕組みを学校で学んだ身としては関連があって面白かった。

誤解してたこと

暗黒物質と暗黒エネルギーって別ものなんだね。

映画「セッション」の感想

 

レビューを見ると高評価押してる人多いけど、自分には響かなかったかな。酷評してるから苦手な方はブラウザバッグ推奨です。

これは映画の内容に関しての感想で、流れている音楽自体はとても綺麗だった。

 この作品は「LALALAND」でも知られるデイミアン・チャゼルによって監督された。「LALALAND」同じく、この人の作品はフランス映画をリスペクトしている側面があるから、映画を観た後の感情や余韻を楽しませたかったとみてる。

その面ではきっちり表現できていたと思う。わたしにはリアルサスペンスホラーのジャンルに入ったけど。

session.gaga.ne.jp

 

言いたいことは、この本が言ってくれてる。知識は使い方を間違えたら人を傷つける。知らなくても傷ついてはいるけど。

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

どうやったらいい練習が出来るのか

練習にはモチベーションが必要だけど、それは情熱というよりは習慣というのが正しい。前にやっていたから癖でやっているという発想だ。

また練習には適度な緊張感とリラックスした中で集中することが大事だ。不安の気持ちが有りすぎたり緊張し過ぎると、本来の集中力が使えなくなる。

その道で卓越した才能を持つためには、集中力が極度に上がった状態のフローが欠かせない。この状態になると、周りへの注意が消えて動作にだけ集中できるようになる。この感覚を覚えることで通常よりもはるかに高い精度の成果を出すことが出来る。

入団の儀式、カルト

人間には厳しい逆境を乗り越えて得たものは、価値があると見なす性質がある。それによって、人類は厳しい環境下で生き残ることが出来た。

「厳しいことがある→乗り越える→良いことがある」

という形を取るときに、その厳しさを肯定する節がある。人間は一貫性を持っていたいと強く願うから、全ての課程が大事だったと思うことは自尊心や自信へと繋がる。

それが間違った形で安定することがある。カルトで入団する際に集団でリンチを行って入団を許可させる場合がある。入団する者は「厳しいことがある→乗り越える→良いことがある」の思考スイッチが入って、組織へ精神的に愛着を持つようになる。公的な手法で何度もサークルは解体させられるが、以後も水面下で出来てしまっていたちごっこになるみたいだ。

厳しいだけの指導を経験した場合、印象には残りやすいがあんま意味ない。印象に残りやすいが上に継承されやすい。理知的に制御していくしかない。

過労死で亡くなった方、学校で体罰を受けた方を考えても、これを賛美するのは時代錯誤ではないかな。それと、成果には精神的圧力ではなく極度の集中力こそ大事だとみんな知って欲しい。そのためには精神的な安定感がいる。

良いチームの定義とは

良いチームは互いへの好適なフィードバックが多く飛び交っている。ビジネスで賞賛されるのは、1つの指摘に対して4つのほめ言葉というように、チーム内での団結感が大事だと言われる。

監督が経験した高校の部活体験から着想を得ているようだけど、罵倒が飛び交うシステムは教師としてどうかしている。好適なフィードバックと、集中しやすい環境下で伸ばすしかないさ。ちなみに、テニスで活躍した大阪なおみ選手のコーチは好適なフィードバックが多いみたいだね。

「なおみには純粋な心」自信与えた若きコーチ : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

大坂なおみとサーシャ・バイン。初タイトルに敏腕コーチとの出会い。 - 女子テニス - Number Web - ナンバー

 

エストニア調べた

 

エストニアがIT立国と呼ばれているようなので、どのような国なのか調べたくて本を読んでみた。

エストニアを知るための59章 (エリア・スタディーズ111)

エストニアを知るための59章 (エリア・スタディーズ111)

 

 この本ではエストニアの歴史や特産や伝統の現状が知れた。もっとエストニアのIT立国としての話が読みたくなった。ので追加で読んだ。

未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 (NextPublishing)

未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 (NextPublishing)

 

 エストニアは役所手続きをすべてITで行えたり、買い物でのキャッシュレスが進んでいる国だと知れた。また、文化的な側面や経済的な側面での問題や課題が残っている国なのだと知れた。EU参加国で、男女の経済格差が一番大きい国とも言われている。世界ランキングで見たら日本はエストニアよりも格差が大きいけどね。

 

また電子国家として成立するには、ITに慣れていない人の数がネックになるように感じた。

エストニア人口ピラミッドは日本と同じように釣り鐘型をしている

https://www.populationpyramid.net/ja/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2/2016/

 日本、生産年齢人口割合[15~64歳人口]

https://ecitizen.jp/ssds/Indicators/_A03502

エストニア

生産年齢人口(15~24歳) 11.2%
生産年齢人口(25~64歳) 54.7%

エストニアの人口 - 世界経済のネタ帳

 

エストニアの面積は九州と同じくらいで、人口は沖縄よりも少ない。そういった面で行政のサービスを実施するときに、県ごとでの対応が個々で決めやすいメリットがある。

という個人の意見で読んでたんだけど、情報処理は多数の方が効果を発揮するから、日本こそ導入してみる価値はあるという切り返しが有った。人数ではなく割合で見たら出来そうな気もする。生産年齢人口割合は同じくらいだからね。

セキュリティに関して

 エストニアでは電子署名を導入している。はんこや紙の書類よりも偽造が起きにくいと言われている。日本ははんこを持ってないといけない訳だけど、サインで済ませれるのは便利だね。

  • 公開鍵暗号使ってる
  • 海外のサーバにデータのバックアップ取ってる
  • DOS攻撃(通信機器に無意味なデータを送りまくってパンクさせる)で一時的に使えなくなくなった過去がある:これは結構恐いと思うんだけど
  • ICTカードが個人認証として使われている

 

 実物が偽造されるのと、IOTの資料が偽造されるのどっちがセキュリティ面で優れてるんだろうか。作業効率で言ったら断然ネットの方が良さげだから、移行して作業効率の手間を省いた分を良い政策に分けてほしい気持ちはある。

 見やすい資料をデータで渡されて記入したら、前に手書きで書いていた資料と同じ内容を書いているだけだった。のような機能も入れれそうだし。

面白かった政策

政治家の給料が、市民が貰っている平均給料の4倍以下になるように変動する
政治家は、議会で使う資料をPCで閲覧する
医療機関では個人認証が出来るので、薬手帳や検診結果もネットに保存されている。定期的に必要となる処方箋も、医者のネットでの許可で薬局に直接薬を取りに行ける。

インフラを最適に自動化して運用したいな。

 

「人それぞれで」と言ってられないとき:後半

「人それぞれで」と言ってられないとき

 哲学カフェで記憶に残った意見を書き残しておきます。それに加えて自分が考えたものを追加してまとめます。話していくうちにテーマを変えて、良いものを取り出そうと進行役が機転を利かせてくれました。

「人それぞれで」と言っていい時

ある集団内で余裕があると見なされている時に、起こしても良い。
余裕とは、満たされていることや豊かさである。
歴史を用いて、先進国と途上国での「人それぞれ」が異なっていることを挙げて、経済的に豊かなことが選択肢を増やしているのだと語っていました。この見方が面白くてヒントを得られるように感じ、他にも考えました。
 
余裕は、
  • 経験値、知識の多さ
  • 時間の多さ
  • 資金の多さ
  • 精神的に満たされているか

の4つに分かれるかな。これが不足する状態に立たされるときに、利害関係が一致せずに「人それぞれで」とは言ってられない。何が不足するっていうのは、人やコミュニティの目的によって変わってくるんだろうね。

余裕を長期的に安定して生み出すには

  • 欲求に気づく:自分、未来、他人
  • 欲求を埋めるための手段を手に入れる
  • 欲求を変化させる体験を取り入れる、仕組みを取り入れる
これが出来たら良いのかな。そのために出来ることを考えてみよう。
欲求に気づくには

コミュニティの運営の例えで考えてみた。

感覚の話をする。好きな服の話、色の話、好き嫌いに正しさがない話をしていくと、自分と相手が異なる欲求を持っていることに気づきやすくなるかもしれない。

それから段階を経て、どのように生きたいのかと言った人生の在り方とか核になる部分を話せれば良い。目的が違えば、見える世界の優先順位も変わってくることが分かる。
欲求を埋めるための手段を手に入れる
 お金を稼ぐ方法を学ぶ。時間を短縮するためにサービスを活用する。ストレス解消のための趣味を充実させる。と言ったことかな。
欲求を変化させる体験を取り入れる、仕組みを取り入れる
欲求をコントロールする脳部位をスポーツをして鍛える。本当に自分が欲しいのは何なのかを読み解いてみる。慈善活動に参加してみる。夜遅くまで起きていると太りやすくなるように、習慣を変えることで欲求が変化する場合もある。

既に知っているやり方、知らないやり方

 
哲学カフェで話した内容で、別のテーマでまとめてみました。

既に知っているやり方、知らないやり方

話している最中に出てきた話を2つ上げます。「やり方が分からないもの」「やり方が分かっているもの」の比較ですね。

やり方がわからないもの

「世界企業ランキングでTOPに入るのはトヨタしかいない。」
「日本企業が衰退したのはなぜなのか」
「従来の企業文化を放り出しているのが原因だから元に戻そう」

経営は正解が無いので何とも言えないですのが。変化したことに原因があると見るなら、解決策は二つあると見ています。

  1. 安定するまで変化し続ける*1
  2. 前の方法に戻る

変化している最中は、上手く適応していないがために失敗します。適応する最中だからです。その部分で不満を感じてるのなら、向かっている先の未来を想像したり、今していることが将来の何に役立つのかを確認すると良いかもしれません。

ただ、変化した後に悪くなっている場合や、何も変わっていない場合も有ります。コストを消費したのにリターンが返ってこないので大損です。ある意味で賭けです。それを危惧して前の方法に戻る手も有ります。

やり方が分かっているもの

「ゲームが出てきて、子供の学力が下がっている。」
「子どもがゲームで遊ぶのを親が管理しないと。」
「大学に行った親は子供に教育の機会を多く与える、結果的に子供が賢くなる」
「賢くない子供が出来るのは環境を用意してあげない親のせいである」*2

 道具は使い方を知っている人から教えてもらい。上達をして上手く使いこなすことが出来ます。包丁は間違って使うと傷つけてしまいます。正しく使えば料理で使うこともできます。知らないうちやコントロールできないうちは周りの人が教えてあげたり、制限するのは正しいように思います。

ゲームを通して何の目的を得たいのかを把握できる、上手く利用する方法を学べるのかが大事なのかなと。優先順位を付けれるように持っていくのがいいのかなと思います。*3

*1:企業の運営方法に関しては分からないのですが、20代は変化を求めた方が良いと思ってます。

*2:そうなると、学びやすい環境を簡単に作れる手法を考案して広めていくのがいいですね。環境をつくるための環境を生み出す目線みたいな。

*3:緊張感のあるゲームをすることで脳の能力が向上する研究もあるので、ただテレビを見続けるよりはいいかもしれません。

コミュニティの話をする

 5年後までにコミュニティを作りたい。現在はコミュニティに参加させてもらって、どういうコミュニティを目指したいのかを気づくきっかけにしたい。

そこでコミュニティ関係の本を読んでみた。

クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう (Next Creator Book)

クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう (Next Creator Book)

  • 作者: 成瀬猪熊建築事務所,田北雅裕,服部滋樹,西村勇也,兼松佳宏,アサダワタル,大和田順子,林美香子,下山浩一,いえつく,松場登美,諏訪光洋,マエキタミヤコ,中村陽一,籾山真人,友廣裕一,秋田光彦,鷲尾公子,宮本武典,紫牟田伸子
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

コミュニティについて語っている記事があった。どちらもコミュニティ運営者による記事なので参考になるはず。

祝、共著本『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』発売!greenz.jp 編集長が大切にしている「3つのつくる」とは? | greenz.jp

「コミュニティの鍵は貢献にある」ミラツク代表・西村勇也さんが考える、未来をつくるための"コミュニティデザイン"とは? | greenz.jp

再読したい......い?い。い

もう一度読みたい本だ。読んでると「確かに」とか「そういう目線があるのか」と言った気づきが得られるんだけど、具体的にどうするのかが見えてこない。問題にぶつかって悩んだときに読んでヒントを貰う本かな。

この本は著者が多く。人によって信じているものが違った。また話の構成が書く人で異なるので、具体レベルと教訓レベルの話が入り混じって整理が付かなかったかも。

  • コミュニティとチーム、組織の違い:貢献、ルール、目標
  • コミュニティには創造的な「対話」が必要
  • 人はすでに人と繋がっている
  • 町をつくるではなく使いこなす
  • コミュニティ外からの批判で、理に適ってないものは無視する勇気もいる

ここら辺が気になったかな。ううううんんん。消化できない。著者の意見をもっと掘り下げて聞きたかったな。良いこと書いてるんだけど、あっちこっちに矢印が飛んでいた。