淡々と読書する日々

日常と読書から得られる気づきをまとめます。挑戦のある日々でありながら、癒しもある日々を作ろう。

株式会社コザイクのボードケーム達

ボードケーム好きの知人から「コザイクさんの作品はハズレがない」と聞いてから、「なるほどな」と考えている。

www.cosaic.co.jp

ライナー・クニツィーア ポイズン

ライナー・クニツィーア ポイズン

 
 理由は「絵がポップで親しみやすい」「ルールが簡単」「それでいて難しい」この3点が比較的に揃っているからだと言う。
このゲームの絵柄が見ててほんとに癒された。ドイツ直輸入の商品だとリアリティのある絵が多い。それはそれで雰囲気が良い。けど、日本の良さであるデザイン力を発揮されたものも良い。日本は「かわいい」文化という利点がある。

絵の親しみやすさ

特に「絵が親しみやすい」のは大事だと語っていた。

一時期、色々なトランプをひたすら集めまくってた身としても「絵が親しみやすい」のは集めたい要素だった。アンパンマンとかポケモンとかのトランプは本当に所有欲をくすぐる。遊んでも良し眺めても良し最高だ。紙質も大事なんだけど、キャラクターが書かれてるトランプ。それもちょっとコジンマリした感じが良い。大きく描かれててもダメで小さすぎてもダメというのがある。

遊戯王のカードを種類を集めるためにコレクトする人の気持ちも分かる。お金掛かるからやってないけど分かる。

ボードゲームを作るにしても絵は他の人が描くのだろう

 自分で描くよりは本職さんのが味もあるし痒いところに手が届くんだろうな。小学生の頃から絵が好きだったから、ちょっと悔しい。絵が上手い友達とよく描いてた頃を思い出す。「わたしも同じくらい上手い絵を描いてみせる!」と意気込んでた時とそんなに変わってない。

しかし、時は平等に過ぎる。優先順位がある。

作るときは頼もう。そう念頭に置いてシステム考えてこう。春休みに作る!!と意気込んでたけど、貯めてたアイデアの見直しで時間が経ってしまった。