料理が好きだと語るだけ

パルさんのブログを見たり,Youtubeで日本や海外の調理動画をみて料理への想像力を膨らましている.簡単に献立を提供してくれるアプリとかも便利だ.

料理の整理にevernoteを使って,作った料理の出来栄えとか調味料の工夫点を挙げて次に生かすようにしている.onenoteに変えてもいいかなと思ってるけど,タブレット買ってからかな.スマホだとonenoteの良さを生かしきれない.

飯の良さを味わった本

料理はむかしから憧れがある.小学生の頃にこの本を読んで以来だ.ちょうどいい調理方法によって作られる上手い飯というのが綺麗で良い.

本を読みながら想像しておなかをすかしたのを思い出す.

妖怪アパートの幽雅な食卓 るり子さんのお料理日記 (YA! ENTERTAINMENT)

料理したいと思えた本はほかにも有って,陰陽師という本も食べたくなる.どちらかと言うとこちらは濃い酒とつまみで時間を過ごすイメージかな.

庭を前に料理を楽しむ.空白の時間をたのしむという観点を与えてくれた作品だ.

陰陽師(おんみょうじ): 1

小説への関心は薄れているんだけど,読んだときの感動が蘇ってくるのは面白いなと思う.

最近読んだ小説が「罪と罰」なので,むさくるしい暑さと飢えをたまに思い出します.

飯を作るようになってからの話

バイト先で料理作ってるのに家で作らないのもなんか変だなーと思ったのと,バイト先の先輩の料理が上手くて悔しかったのでやり始めた.大学生になると,自炊をする知り合いも増えたので料理への抵抗感も薄れてやるようになったのもある.

とりあえず,スイーツ店のバイトをしていたのでお菓子作りから初めた.いかに綺麗に盛って美味くみせるかはかなり大事だ.色々なスイーツが混ぜられた残飯を見てそう思った.

そのあとに花粉症の延長で,だいたいの果物がアレルギー反応を起こすようになってからバイトを辞めた.そのあとにサンドイッチ屋で働くことにしたんだけど,アボガドと生ハムの組み合わせに感動したのと,チキンが美味いのにも気づいた,ドレッシングと素材の相性を考えたりしていた・・・と,食事の際限のない楽しみかたに気づいた.これは重要な一歩だった.

料理をし始めたころは圧倒的に調理時間が長くなってしまい容量が悪かったが,一度つくりかたを覚えたり料理をすることに慣れると早く準備が出来るようになってきた.

この調子で料理に慣れていこうと思う.いままで21種類の料理を作っている.

 即席飯

他の料理をしているブロガーさんを見ていると,働きながら料理をするのは大変だと聞く.その解決策のために「即席用のご飯」を作るのが良いみたいだ.これからは「即席用のご飯」の量産も考えてみたい・・・と言うのは2回目な気もする.即席飯を作ったのを食べるくらいなら,即効で作るほうが良いからなあ・・・やる気が起きない.

育ち盛りの妹の非常食用に即席飯を作るか.株も上がるし,料理のレパートリーも増えるし一石二鳥だ.