歌詞を考える習慣を作る

歌が好きだ。とくにバラードが好きだ。

聴いても歌っても落ち着ける。

ゆっくりとした時間を過ごしたいときに口ずさんでいる。

f:id:september36:20170921230626j:plain

そんなに好きなんだけど、曲に飽きてくることがある。

バラードの曲すべてが好きなわけではないのでループすることが多い。

そこで新しく自分で作ろうと考えた。

好きな物語 の流れで歌を構成する。

  • 微妙な感情      (涼しいけど、起きた出来事で複雑な気持ちとか
  • 過去の感情      (小学生の頃の無垢な思い出とか
  • 将来に対する感情   (自分が死んだあととかかな

 

感情をふりかえることも踏まえてやってみると良いかもしれない。

人は過去の記憶に縛られているという。

思い出をべつの記憶で塗り替えせば、脱出することも可能だ。

記憶の感情と新しい感情をぶつけて、新しい感覚を見出してみよう。 

 

故人を思うと 俳句や短歌で気持ちを歌っていたし、旅での話を歌や曲にまとめることも行っていた。

いまはメモをするのが容易い時代になっている。

当時はメモを頭の中で行っていたかもしれないが、スマホがあるし紙もペンもある。

ふと気づいた微妙な"今"の感情をメモして、あとで歌ってみるのもいいかもしれない。