心理学の教授が勧める性格診断

訂正について(2018/10/31)

書評するときに、「MBTIテストとビックファイブテストのどちらが優れているか」という文で、本当は「ビッグファイブの方が優れている」と書かれていたのに、MBTIテストの方が良いと勘違いしていました。文を書きなおして訂正しています。過去、この記事を参考にしていたら申し訳ありません。

september36.hatenablog.com

性格診断テストを肯定する意見

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

 

1年前に読んた本です。一言でいえば自分の性格を理解する本です。

ハーバードの心理学教授が書いた本で10章まであり、読み応えがありました。心理学の知識を使って、性格にまつわる不安や先入観の払い方を教えてくれます。性格診断の中でも有力なものをお勧めしていました。

性格診断テストはパラメータ表記

著者が言うには、有名な心理学テストであるMBTIテストでの結果にはパラメータ的な目線が不足しているので、ビッグファイブテストの方が優位だと語っています。分類を行って型にはめて診断を行うMBTIは、個々での違いについて考えにくいのが難点のようです。

ビッグファイブが何なのかについて引用で、

The Big Five personality traits was the model to comprehend the relationship between personality and academic behaviors.

When factor analysis (a statistical technique) is applied to personality survey data, some words used to describe aspects of personality are often applied to the same person.

This theory is based therefore on the association between words but not on neuropsychological experiments.

引用:Big Five personality traits - Wikipedia
ビッグファイブ性格分類は、学校成績と性格との関係を理解するためのモデルだった→改良されていった。

  1. 統計的な手法で性格を診断して実験を行う時に、似たような言葉で定義している実験が他にもあった
  2. 似た言葉を類似単語にまとめて、統計データを合算して精度を上げたと見なさないか?
  3. 性格を5つの要素にまとめて、データを同一物として使うことにした

注意として

  • 単語間の関連によって作られた理論である
  • 神経心理学の実験に基づいて作られたものではない

 

 神経心理学とも合致するような診断方法があれば、さらに精度が上がるかもしれないね。fMRIを使って、どういう思考癖があるのか判断する日が来るんだろうか。小型化して人体に無害な装置を作る必要はあるだろうね。