淡々と読書する日々

~知的好奇心と癒しの感性~

「アドラー心理学入門」を読んで

 

 「嫌われる勇気」の関連書籍です。

人生が大きく変わる アドラー心理学入門

人生が大きく変わる アドラー心理学入門

 

理解した内容

漫画形式で、アドラー心理学に関する用語や説明が並べられていた。一つ一つを咀嚼するのには時間がかかるように思われた。あくまで入門書で、興味を持つのに最適だと感じた。

アドラー心理学の全体像がつかめた。人間関係、仕事、家族での効果的な方法が書かれていた。使っていけば役に立ちそうである。

アドラーと並ぶ有名な心理学者「フロイト」の存在を知る

両社は対立する心理学理論を構築している。

  • アドラーは「目的」に対するアプローチ:人間を「社会的存在」として取り上げる
  • フロイトは「原因」に対するアプローチ:人間を「動物的な存在」として取り上げる

科学には戦略的な線引きは無い。あるのは事実だけで観点の違いがあった。