異なる世界線を組んでいく

お気に入りの本

脳科学の本を読んでいるとマインドフルネスという単語が出てくる。マインドフルネスは瞑想過程の一部であり、科学的な検証の際に観察対象となることがある。

現在のお気に入りの本は脳科学と瞑想に関する本だ。記憶力や記憶をする方法に対する先入観を払しょくしてくれるので読んで覚えておきたい。

ジャンルの開拓

大型書店で「自己啓発*1「仕事術」のコーナーにある本の内容が少しずつ掴めてきた。表紙を観て胡散臭いと感じて手にさえ取らなかった本たちであった。関連書籍を読んだことで変わった。立ち読みでも内容を理解することが出来るようになった。

ちょうど読んでいる、

使える脳の鍛え方 成功する学習の科学

使える脳の鍛え方 成功する学習の科学

 

の言葉を借りるなら、「一度読んだことのある文章は読みやすいので理解していると勘違いしている」だろうか。これからも気になった本を読んでいく。充実した一日だ。新しく違う世界線を組んでいく。

 

*1:現在は「自己啓発」本はあまり読まなくなっています。