ストーリーテリングと宗教に関する解釈

 
姑獲鳥の夏」の序文で、作者が登場人物の口を借りて宗教と心理学について語っていた。そこで、ストーリーテリングと宗教の違いについて考えた。
違いを比較することで理解が深まるのではないかと思ったので、このテーマについて自分なりに考えてまとめてみることにした。
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

 

現実と理想の折り合いを付ける物語

厳密な科学や事実で見せられる現実と、意識や心の中で作られる理想をわたし達は持っている。これらの折り合いを付けるために物語を作り。その物語によって現実に対する意味が見い出せて生活の満足度が上がる。

物語は生活している環境によって作り方が変わってくる。自分なりに物語を作るほど知恵が必要になるし。他の人の影響を受けるようになると妥協が必要になる。物語を作るうえで参考にはなるので必ずしも他の人の影響が悪いわけではない。自分で選び取る目線が必要だろう。

自分:ストーリーテリング、自分で作った人生哲学
自分で物語を作成することをストーリテリングと言ったり。物語のことを人生哲学として名づけることがある。
過去と現在の自分を比較する。自分で意図的に操作が可能であり。無理のない目標を設定できる。知恵がいる。過去の自分の気持ちや行動に一貫性を見つけていく。
一緒に:絆、友情、愛情
一緒に物語を作成することを友情と言ったり、愛情と言ったりする。
各個人が自己開示を行った上で、その特性同士を無理がないように噛み合わせる。組み合わせる知恵と、ある程度の妥協がいる。相手に共感する点を見つけたり、自分に共感してもらうように振る舞う。
共感してもらう際にストーリーテリングを行うと分かりやすい。また、ストーリーテリングを引き出すように質問を加えるのもいい。
自分以外:宗教、自己啓発、他者が作った人生哲学、占い
自分以外によって物語が語られるのを宗教と言ったり、自己啓発と言ったりする。
特定の個人を考慮せずに取り扱っており。作成権は他人にあるが一緒に作成する場合もある。妥協がいる。対象に共感するのが目標となる。占い師に積極的に自己開示をすることで結果的に一緒に作っている場合も考えられる。ただし、その関係性は情によってではなくビジネスライクの可能性がある。自分以外の利害影響に注意して取り扱いたい。
 
会社や学校、家族というコミュニティの文化は作成に関わった度合いで変わる。校風とか企業文化がそれに類する。人付き合いの分類も場合によって変化するかと。

自分なりの選択をお勧めする

なるべく個人にあった物語を未来を見据えて作成した方がいいと思う。作成する能力があれば挫折しても次に生かせる。より現実的な方針を組み込んだ物語を作るためにも、歪みのない事実や人間の特性(バイアス)を知ることが大切になると思う。
 
また、自分以外によって作られた考えはアイデアとして参考にしたらいい。例えば、ニーチェの考え方を流用して自分なりにアレンジしてみるとかね。日本だったら詩や俳句の文化も使っていけばいいかもね。参考として、自分の生き方に共通する人の意見を取り入れてみたり。自分の欠点を同じように持っている人の意見を聞いてみるとかね。
 
コミュニティであれば、みんなで一緒に作ることを意図的にやっていく必要があり。時間と共に人は変わるので自己開示も定期的に必要となるだろう。
ところで、今までは「一緒に」やってきていたのに「自分以外」での作成に移ってしまう時に問題が起きると思う。例えば、他人と目標が大きく違うとき他人の目標願望が重荷になってしまう。こうなると「一緒に」コミュニティを作っていく目線が消えてしまう。どういう一致があるのか定義し直すと修復できるかと。
 
ここにコンビニ人間の「そっとしておく」を入れる。相手を批判的に捉えるのではなく判断を保留するというのに近いと見た。この本はまだ読んでいない。視野を広げるために読んでみたい。
 
 
ビッグファイブの性格診断は、そのまま使うんではなくて現実を解釈するためのヒントとして使うのが良いかと。占いより信頼度は高いけれど、現実として確定させるには厳密度が薄いかな。
 

「白夜行」隠れた命題を探してみた

 
東野圭吾が原作の映画やドラマは観たことがある。けれど、小説を最後まで読んだことは無かった。ドラマや映画で観ている限り、彼の作るシナリオは面白そうだったので読んでみた。
白夜行 (集英社文庫)

白夜行 (集英社文庫)

 
読んだ直後の感想
ふたりが、特に雪穂が人間だと思えなかった。そんな感想を抱いた。
ふたりが何を目標にして、何に取り組んで生きているのか。分からなかったな。お金なのだろうか。富と名誉と権威だろうか。結局は最後に雪穂が手にはしている。
けれど、その後に何を求めているんだろう。彼の生きがいは何で、彼女の生きがいは何なのだ。
 
扱っている内容はドロドロしている。ただ、切り取っている描写が綺麗な面ばかりで、真相は見えない。じれったい。
映画化やドラマ化では、時間の関係で裏描写もされていると聞いた。小説では描写がないので好奇心と不安を掻き立ててくれる。それぞれ別の面白さがあると思う。
 
読了した直後は何も感じなかった。そっか。そうだったんか。恐いな。という具合で、あっけなかったかな。
特殊な表現方法
この物語が面白いのは視野を限定して描写することにあると思う。表シナリオの描写だけでも良かった。罪を重ねて罪を消すふたりの男女の物語だ。
けれど、この本での主役であるふたりは周囲の人物の目を通してしか分からない。本人の心情描写が地の文で出ることもない。敢えて本人以外の解釈を重ねることで人物像を幻想的なものにしている。
 
野暮な疑問点について
  • 寺崎は本当に運転中の事故死だったのか。仕組まれたことなのか。
  • 雪穂の母は自殺だったのか。偶然なのか。
  • 叔母の庭に死体が埋められているけど、どうやって?気づかれないのか?臭いは?
  • ふたりの連絡手段は何だったんだろう。図書館とか?大人になっても同じ場所ではなかろう。

ここら辺を知らなくても、作品が醸し出す雰囲気を味わうには十分だったし。考え込まなくてもいいかも。

 

物語の見方を変える疑問について
  • 幼い頃は分かるけれど、桐原は雪穂のために動き過ぎていないか。雪穂は手を染めずに桐原が人を何度も殺している。恋心があったのか。
  • 桐原は自殺しているけれど何故なのか
  • 雪穂は桐原の死をどのように見ているのか。安心しているのか。それとも嘆いているのか。目の前で死ぬのを目撃して動揺しないのは?
見方によっては、桐原が雪穂の特性に惹かれてしまった被害者にも見える。自分に惚れた桐原を晩年は利用し続けていたという説だ。
 
続編だと言われている「幻夜」では、同じように登場人物がふたり出てくるんだけど、それでも同じように美冬という女性が男性側を手のひらで転がしている形のようだ。
 
つまり、最後に桐原が自殺してしまうことが雪穂の恐さを引き立たせた物語となる。
 
雪穂の生きがいを想像するなら、貧しかった境遇が起こした悲劇に対するお金への執着。そして、自分が陥った悲劇を理由にした娯楽だろうか。雪穂がやろうとしているのは、お金や立場を利用した人狩りのように思えた。後半での、血の繋がらない娘に対する犯罪を利用したマウントが優越感に浸るために思えた。
 
隠れた命題「美貌と優越感」
この雪穂の優越感こそが、この物語の本軸だと解釈した。そのために周囲は犠牲になっていく。そして、雪穂は人を惑わすような魔性の女へと変化していく。美貌と優越感が隠れた命題かな。
 
雪穂の透き通った目と亮司の黒く濁った目の対比で、両者の精神的な強さと弱さを表している。そして、時間が経って捕食されたという形かな。読み手には、桐原と雪穂の相思相愛と解釈させておく。本当は、、、と。
 
この解釈を書いてて恐くなった。解釈を進めることで物語の深みを更に引き出せるのは珍しいかもしれない。作品として面白かった。

過去の自分と比べて何が変わったのか

 
大学生活について、ストーリーテリングをする。
 
外向的にならなくてはいけないと焦っていた
自分は取り柄が無い内気な人間だと思っていた。そのため、外交的なキャラクターになろうと思って自分を売ろうと考えた。けれど、本来の自分との性格ギャップが酷すぎて、外向的な人を真似ようとするたびに心理的なダメージが蓄積していたのを思い出す。そして、帰るたびに後悔に駆られた。
 
外交的な行動をする理由が「新しい自分を見つける」だった。けれど、そもそも新しい自分なんて居ないことに気づいた。自分の得意な面と、不得意な面が存在しているだけなのだった。自分は不得意な面ばかりを見せるように行動して居るのだと感じるようになった。目標がない場所にただいるのが辛かった。優しくしてくれる人も居たけれど、それ以上に自分が惨めに感じた。周りには、自分が好きなことを通して成長している人が居るのだから肩身が狭かった。
 
先輩が営業職について喜んでいる姿を見て絶望したのを覚えている。私の考えていることが分からないなりにも、良くしてくれた先輩だった。やっていた事を真似れば何か見えると思ってやってみたけれど、やればやるほど惨めになった。
 
その後悔を活かすために、自分は内向的な特性を前提に生きていこうと決意した。前まで頑張っていたキャラクターを放棄して、マイペースに過ごすようになった。最初の方は、不安でメンタルが揺れたのだけれど、今の方がましだと言い切れる。自分が好きな課題を見つけてきて、解いていくのが好きなのだ。小学生の頃からひとりで作業を進めるのが好きだった。観察したり絵を描いたり本を読んだり。屋内の作業を進めていくのが落ち着いて入られる時間だった。
 
作品を作って褒められると嬉しかったのも思いだす。そうして、少し人とも話そうかなと思うようになった。 外交的には慣れないけれど、好きなものを語る時には慣れてくるのだと分かる。外交的な態度を目標にするのではなく。自分が楽しみつつ話を広げれるようなコツを掴もうとするのがいいのだと気づけた。
信頼できる情報が欲しかった
デマに流されることが高校の頃に多々あった。20代と言うのは脳が未発達で、まだ衝動的な部分があったとは言え。自分にはリテラシーが無かったのだと恥じていた。大学の2年時に、根拠の薄いニュースを信じていると言われてショックだったのを覚えている。それがコンプレックスだったからだ。
 
その1年と少し経った時に、ネットの記事だけではなくて、本を読んだり、参考文献が体裁されているのかを気にするようになった。それからは、前よりも不安が減ってはいる。
 
「新しい情報を知らないといけない。」という強迫観念ではなく。正しい事実を知っていて色々な角度からニュースを観れるリテラシーを鍛えれている感がわたしには重要だった。つまり、今の知識を疑って、然るべき方法で更新していく習慣が欲しかった。
 
最近では、証拠が示されているものを試してみるのが楽しかったりする。前とは違った楽しみ方をしている。
肩の力を抜いていくのは大事だとは思う 
 基本的にはこの二つかな。就活カウンセラーに言わせると就活でわざわざいう内容では無いと言われたので、これを公には使わないけれど。これから生活をするときの原動力にはなっていくと思う。
こういうストーリーで進めているわけだけど、燃え尽き症候群にならないように適切な息抜きも必要だとは思う。
 
人によって、大事なものや苦手なものは変わってくると思う。人と比較して、他者になろうとするんではなく。自分を振り返って、その延長で出来ることを探していきたい。
もちろん、その中に参考にしたい人がいるなら比較する場合もあるかもしれない。ただ、ベースは自分にあることを忘れずにいきたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「グラスホッパー」生きる意味について考える

 

生きる理由が見つからないふたりの殺し屋と、冴えない復讐者が主人公の物語だった。「罪と罰」の引用が出て来たりと、作者の死生観を小説を使って伝えているようにも思えた。

小説には珍しく引用文献があった。「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」という、ジャーナリスト森達也さんの本題名を載せてある。彼の映画「ドキュメンタリーは嘘をつく」で、作品を観た後に何を感じたのかと、それを作っている背景を想像するのが大事だと語られていたのを思い出す。

それ込みで楽しんでほしかったのかなと作者の考えを推測してみる。

グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

 
題名になっているグラスホッパーについて

グラスホッパー……バッタか。「人間は昆虫のようなものだよ。」と言われてもピンと来ない。法学部出身の独特な想像力のなせるわざというやつか。それか自然淘汰ゲーム理論の話でも読んだのかな。

人間は哺乳類であるし。脳が発達しているし。それ故に協力的な文化が発達している。未来や何もないものを想像できるのが人間の良い所だろう。

この文章は単に、「タカ派ハト派」の話をしているに過ぎないのかもしれない。利他的な方針が8‐9割で、利己的な方針が1‐2割と言うやつかな。人間全体で利己的な人間が1割いる、個人が集団間で行う利己動作が1割あると想像するやつ。

自然淘汰の話に持って行けば、確かにバッタまで解釈を持って行けそうか。利己が多ければグループは全滅する。利己動作を行う細胞を増やして結果的に主を殺してしまう癌細胞もそれと同じだ。 

この物語は何を伝えたかったのか 
  • 自然淘汰のいたずら→平凡な人は救われてくれ、そうでない人は盛者必衰で

冴えない元塾講師の男を中心に物語を観た時は、自然淘汰のいたずらでも良いから平凡な人は救われて生を実感してほしい。元からどうしようもない人は盛者必衰で、同じように自然淘汰してくれ。」という意見文。

  • 死生観「罪と罰」の引用→平凡でない人も"あっち"で救われてくれ

他の殺し屋を中心に観たときは、贖罪を請う生き方をしてくれという願いかな。

罪と罰」は一昨年に読んでいたので、何を言いたいのかを想像することはできた。あの本は宗教色が出ている本で、罪悪感との対面と無慈悲さが詰まった本だった。老婆を殺してしまった主人公が罪悪感と戦いながら、無情な環境で生活をしている少女の健気な姿を見て、落胆と後悔を胸に自首する話だ。殺し屋の鯨が愛読をしていたのも、共感して罪悪感を理解をしたかったからではないかと思っている。

罪と罰」のラストは別の見方をすると、ラスコーリニコフがラズミーヒンを助けようとしているのに無視して進んでいってしまった結果とも見える。この物語でも、助かったはずなのに周囲に求めなかったIFシナリオが残ってたりするんかな。

個人的には

盛者必衰を待つ。無理に助けることを拒む。自分が助けれる範囲で生活をするのが良いのかなと思った。

バイキングでドカ食いする人のメンタルと生活が心配になるのは分かる。けれど、ミイラ取りがミイラになったんでは意味がないですぜ。それとも、自分はならないと思っているからこそミイラになるのかな。

人生の意味について

september36.hatenablog.com

ある一定の人間は、恐怖を感じる部位である偏桃体が動きにくい。遺伝する性質でもある。優秀な兵士はそのおかげで優位に射撃を行うことが出来るとも言われている。最近では、電磁気ヘルメットを被ることで同じ脳状態に出来る機械があったりする。

ところで。こういう不安や幸福を感じにくい人は、人生の意味を見いだせない場合も有るらしい。参考:今週の小ネタ:知能と幸福、サイコパスとナルシストと人生の意味、ヤバい恋愛を切れない人 | パレオな男

けれど、前に読んだ「共感脳」の本には続きがあって、彼ら彼女らは共感することも出来るのだと言う。そこに賭けた小説なのかもね。

「十角館の殺人」犯人の強靭なメンタルと体力

 

前回に続いて2回目の推理小説を読んでみた。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

 
時代背景が古いので考慮して読んでいった

改訂版を出すにあたって最後に説明がなされてたように、バブル期に書かれた作品でしたね。

「女性はお茶を入れる」とか。登場人物の学生ほぼ全員が煙草を吸ってるとか。サークル飲み会で急性アルコール中毒で死人が出るとか。インターネットが存在していないとか。タイプライターが流行りだとか。価値観が前にさかのぼります。DNA検査と言っても制度が低いのだろうなと考えたりもしたかな。

冒頭でギャップを感じる文章が散りばめられているので、現在とは異なる世界観に入っていく感じで読んだかな。ここで諦める可能性もあったけれど、推理ジャンルマイブームに乗って読み進めていった。

スリードを誘う文章に引っ張られた「叙述トリック

紅さんが怪しいのかなと疑ってみたり。青司がまだ生きていて犯人なのかなと疑ってみたり。それとも学生の中に犯人が紛れているのかなと思ってみたり。会話の文章や描写の移り変わりによって、誰が犯人なのかをミスリードしやすいように誘導させる文章は面白かったです。

第1被害者であるオルツィが指輪をはめていたことを思い出せなかったのが悔しい。オルツィが亡くなった青司の娘と仲が良かった事は、はじめにオルツィが被害者になった理由と関係しているとは疑っていた。そうなると、学生の事情を知っている中に犯人がいることになるとは推理できていた。

実際に起きたことから自分なりに絞っていくのが、「叙述トリック」にハマらないための工夫なのかな。登場人物の誰一人として正しい推理を行っていなかったのだし。

犯人を当てるのは難しい

 序盤でも圧倒的に怪しい人物がいた。なぜか病気なのに館に来ているし。館を借りた主だし。かつ旅行のキッカケを作っている。そして泊まった数日後に、人が殺されるような状況だとメンタルが揺れて病状が悪化してもおかしくないが元気になった。

どう考えても怪しいんだけど特に証拠が無かったからな。動機についても、犯人だと分かった後に初めて追加された情報だった。推理して犯人を当てる楽しみ方をする作品では無かったんだろうな。

犯人の強靭なメンタルと体力

犯人が地の文を用いて犯行について語るシーンがあるのだが、結構ハードなことをしている。細身の身体で、脱水症状に見舞われる中で、ろくに睡眠時間を取ってない中で、重労働して、音を立てずに部屋に忍び込みまくって、よくも疑われずに全員殺せたなと感嘆する。さすがに無理があるくない?と思ってしまった。アリバイ工作であるバイクの運転中に、疲れで意識を失って事故って死んでもおかしくないと思えた。

殺し方を考えるのも結構に行き当たりばったり感も有ったし。うーーん。幸運が重なって犯行が成立したと言うのも強かったように思えた。

幸運と言えば、ラストの海辺に流れ着いた瓶も"運"と言えるのかもな。その点で考えれば、復讐殺しの焦燥感を伝えたかった作品としては一貫性があって楽しめる本と言えるかな。やってることはハードだけどな。

「マスカレードホテル(映画)」いい意味で、狐に化かされて得した気分だった

 

今まで、推理ジャンルを好んで観ることは無かったのだけど、

september36.hatenablog.com

 

前回に観た推理映画に感動して推理ものへの敷居が低くなった。

更に、刑事ジャンルをほとんど観ない中でも、唯一最後まで観ていた「新参者」のドラマは「マスカレードホテル」を書いた東野圭吾の作品だったので観るのに抵抗が薄かった。

masquerade-hotel.jp

 感謝と生きがいをテーマにした作品だった

内容は「新参者」と似て、捜査を進める中で気づく人間ドラマの模様を楽しむのがメインだった。はじめは誰が犯人か捜そうと、映画内で語られる情報を覚えながら疑って観ていた。途中から、捜査の中での新しい目線の発見とか、心情への気づきを映画で楽しんでもらいたいのだと分かってリッラクスして観ることが出来た。

 癖のおかげで分かることがある

客室の机上にある、メモ用紙に乗っている文鎮の配置を整えるシーンがやたらと付箋として画面に出てきた。その回収が最後に現れるという形は分かりやすかった。「新参者」シリーズでも、人が日常的に癖で行ってしまう描写でのトリックがあった。人間が癖で行ってしまうものは、見過ごしてしまいがちだけど確かに存在している影響力なんだと感じる。

一度、確認したものは大丈夫だと思ってしまう

犯人があの人に繋がると気づけなかったなー。確かに付箋はさらりとしていたし。予想することが出来たんだけども。少し悔しかったな。映画の途中からは疲れて集中力が切れてたし。忘れても無理はないかな。ほのぼの短編ストーリーが映画中に何度も入ってきて、思考が平和ボケしていたのも有りそう。

 今後に推理ジャンルを読むとして

推理することがメインでなくても楽しいと思えた。隠し味に推理を入れて見ました~。という作品が好きかもしれない。刑事ジャンルでは、刑事が淡白な方がかえって感情移入しやすいと気づけたかな。どうしても燃える警察官はくどくて仕方がない。

 

 

 

車での移動費が大学院生になってから、どのくらい浮いたか

 
学校と県立図書館までの1ヵ月当たりの移動費をまとめた。前に6000円くらい抑えられてると書いたけど。その時は、車の燃費を平均値から算出していたので実際とは違っていた。
大学院生になってから遠隔でPCを動かしたり。自前のPCで研究することが多くなった。そのため大学に行く回数が減っている。どのくらい減ったのか計算してみた。
他にも、定期的に行く場所への移動費を計算するのは見える化が出来て価値の比較がしやすくなる。

学校への往復移動費

やった計算

家から学校までの距離は
  • 片道:16.1[km]
  • 往復:32.2[km]
平日は学校に行ったと仮定すると
  • 平日の5日間:32.2*5 = 161[km]
  • 一ヶ月           :161*4 =  644[km]
 運転している車の燃費は
  • 14.6 [L/km]
1ヵ月当たり何リットル必要か?
  • 644[km] /  14.6 [L/km]= 44.1 [L]

 

例)ガソリンの値段は変わるが。
1Lあたり130円だとしたときの1ヵ月の移動費用は

=5733円

前回の計算では6000円くらいになっていた。思ったよりも燃費は良かった。

ちなみに、1ヵ月に平日に学校に行くと移動時間は
=26時間30分
が移動時間で何もできなくなる。もしくは運転によって実行機能を使う羽目になる。
現在、1ヵ月に4回程度行っているので
( (32.2*4) / 14.6 )*130 =1146円
が移動費になるかな。毎回、ガソリンスタンドで1000円で入れると。少し足りなくなる量かな。ガソリンを多く入れると重さで加速しにくくなるから、毎回1000円と少し入れるようにするとベストだな。大学生よりも4580円くらい浮くようになったんかな。
電車を使って定期を利用した場合との比較
一番安い定期代と比較してみる。
自宅最寄駅→学校最寄駅の定期代:6ヶ月あたり46,660円
これの自動車バージョンだと
 6[ヵ月]*5733[ヵ月/円]=34,398円
となる。電車を使うよりも車を使う方が安上がりになった。一年あたりに浮く金額は、
(46,660 - 34,398)*2=24,524円
となる。自動車の整備代を換算していないので、実際はどっちもどっちかな。場合によっては車の方がかかる場合もある。現地へのアクセスを考えると車の方が利便性がある。

県立図書館までの移動費

家から県立図書館までの距離
  • 片道:22km
  • 往復:44km
1回あたりにかかる費用
  • ( 44 / 14.6 )*130 =392円≒400円
雑多にものごとを知る時に、本を買うよりは借りて読み漁る方が金銭的にも良い。