淡々と読書する日々

集中力と癒しを追及するブログ

10月25日(火)

半分まで読み進めた。棋譜ならべをしながら読んでいるので遅くなっている。

将棋の本は読みずらいものが多いと考えているが比較的読みやすい部類に入る。

四間飛車穴熊藤井システム四間飛車や純粋な四間飛車とは違うイメージを持たせてくれる。いかに穴熊を安全に囲うか、相手の攻撃をさばくかを重点に書かれていて読みごたえがある。

将棋をオンラインで指していると、相手の指し方も気になってネット検索で調べてしまうのが癖になっている。