淡々と読書する日々

集中力と癒しを追及するブログ

「99%の会社は要らない」を読んで

オリジナルで価値のあるもの
・既存の影響とは違うもの
・関連性がある
・普通は行わないが必要であるもの


ブログ機能として欲しいもの
・自由なまとめ方ができる
変形が可能
・テキスト形式にこだわっている
・画像やレイアウトを自分好みに変更できる
・参考サイトをまとめられること
・同じ内容をサイト内で検索できること


堀江貴文の「99%の会社はいらない」の本を読みました。

ホリエモンの思考形態が文にそのまま残っていました。
内容は「堀江貴文のサクセスストーリー」から掘り下げた会社についてでした。会社について専門な知識をまとめているというより感情論と結果論で話を進めています。
文章をまとめる能力がないのか内容が重複している章があります。読んでいて疲れました。
極論で物事を語っているので、新しいことに挑戦する「気」を作るのには読んでも良いかな?という本でした。


読書には当たり外れがありますし、当たりを見つけたいものです。
池上彰さんの本をもう一冊買っているので読んでみます。
新しい習慣を実践して定着している中で、さらに勉学によって変化するのはリスクがある(失敗するかもしれない)のでポジティブに乗り切ることも考えていこう。