読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月4日(木)

テストは特に難しくなかった。
明日は次のテストがある、早めに準備をして挑もう。

焦りはもっと前に有るべきで、もう無理な表現で前にあるものには関知してストレスを貯めなくてよい。

 

家庭教師の話である。

玄関で迎え入れられることなく入るようになる。呼び鈴を押しても出てこない、扉を押すといつも空いている、、、これが普通になっていいのか。

和室にベッドを常に敷いている部屋、ゲームのカセットが敷き詰められた本棚,,,

この環境で勉強できるのか不安になる。授業聴いている最中に腹筋ベルトをしだすのには呆れた。

塾で教えるのは効率の良い形だと実感した。また塾が集まる駅と住宅間の距離も、一人で通わせることを前提にすると重要だということも。

勉強に特化した空間を作り上げて学ぶ。

仏教でいう寺、神教でいう神社、特別な空間を自己で位置づけて場を構築していく。彼にとっては私の存在が学びの神殿になるのだろうし、振る舞う必要があるだろう。

この経験を通じて人にものを教えることに慣れたい。

分かっていることを人にうまく教えられる能力を向上するための場にしたい。

会社に務めて、教える能力を求められたときにきちんと対応できるテンプレートを用意するためだ。

 

娯楽本が欲しいです。テスト期間が終わったら書店に買いに行こう。

ブログを食い気味に書きます。先にある出来事を取る勢いです。

これから起こる出来事を先に書いて予定しておきます。あとは実践するだけ簡単です。