淡々と読書する日々

集中力と癒しを追及するブログ

07/04(monday)

睡眠の取り方、切り上げ方、許容の仕方
時間の使い方に問題あり。
自分の負の感情に乗り上げていることがある。
気を効率よくつかい集中させるには、捨てる気も必要である。
・適正な睡眠時間に割り切らないことで頭が回らない。
時刻を設定しよう。


・体験して得た事実やしかるべきルートをたどった事実を信じて頼る。
信頼出来ないのは不確定要素があるからだ。事実に足る情報を得ることから始めよう。

演習室で作業をするのがはかどらない。
・演習レポートの続きを持ち帰るのは引き続きしよう。

 

自律への焦り

自分を律することに重きを置くと、一定の質を持って相手を巻き込める。

反することを起こしてしまったなら、正しいとした定義に不備があるだろう。

"その場"から離れて自己を見直して1から立て直そうともがくはずである。

 

しかし再検することがなければ、場に留まるであろう。

環境を許容し人に変化を委ねているに過ぎない。

”その場”を的確な場に仕上げることも大切である。

 



食器を洗うことを日課にしよう。
料理を作るのを心得たい。
まずは綺麗に扱うことから学んでおこう。