淡々と読書する日々

集中力と癒しを追及するブログ

書評

言語学習について、感覚について

学習の仕方を試行する。 TEDをよく聴いている どんな言語も半年あれば話せるようになる(日本語字幕あり) TEDをよく聴いている お気に入りは「アンジェラ・リー・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」 - YouTube」で、何回も聴いている。ダウンロードし…

マネージャーになるために知っておこう

組織志向マネージャーを目指そう 仕事へのモチベーション 【新版】動機づける力―モチベーションの理論と実践 (Harvard Business Review Anthology) 作者: DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2009/10/09…

人間の不合理なところ

心理学の本を読んで、気になった2つのことをまとめるよ。 持てば持つほど いっそう欲しくなる 失うという恐れは 判断を狂わせる 予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: ダンアリエリー…

発展する地域になるために

発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学 (ちくま学芸文庫) 作者: ジェインジェイコブズ,Jane Jacobs,中村達也 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2012/11/07 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (14件) を見る …

心理学の教授が勧める性格診断をやった

性格診断をするのは無駄だと考えていたけど、することにした。 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 作者: ブライアン・R・リトル,児島修 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/06/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (…

思考の積み重ねがことばになる

読書日照りが続いていただけに、良い本に出合うとオアシスのように感じる。 「言葉にできる」は武器になる。 作者: 梅田悟司 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/08/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (8件) を見る …

数学ガールを読む一週間だった

数学ガールの続編をちびちび読んでいます。 恋愛小説やラノベを意識している数学の本です。2冊目からは世界観が癖になって読みやすくなりました。 学校で習う数学より一歩先の、数学との向き合い方を改善してくれる本だと思います。 実際に数学の見方が変わ…

「ウォッチメイカー」のネタバレと抱負

近況 久々の投稿と久々の書評だ。ブログのことは頭の片隅にあった。 それよりも、”しなくてはならないけれど貯めているもの(課題)’”に意志力を奪われて行動できずにいた。情けない。心配性なのだから、とっとと済ませよう自分。 この一週間は以下のサイクル…

言語表現の限界について

歌を歌うことが好きだ。 最近はed sheeranの「dvide」をよく聴いている。 洋楽を聴くのは「友人が洋楽を聴いていて英語が上手くなっている」のと「洋楽のバラードが持っている落ち着かせる力」の影響が強い。 www.youtube.com 古代の哲学者 ソクラテスは「音…

自己啓発の本が読みやすくなった「潜在意識をとことん使いこなす」

潜在意識をとことん使いこなす 作者: C・ジェームス・ジェンセン,大沢章子 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2015/02/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 今回紹介する本は「潜在意識」について書かれた本だ。 …

スマホを渡された時から続いている不安を解消していこう「10代からの情報キャッチボール入門」

高校生に入ってからスマホを渡された。 はじめてのインターネットとの出会い、情報との出会いだった。 それまではテレビでニュースを観たり新聞を読む習慣も身についていなかった。 「情報リテラシー」がない状態であった、と言っていいだろう。 友人に勧め…

③お金の歴史から性質を読み解く「金持ち父さん貧乏父さん」より

september36.hatenablog.com september36.hatenablog.com 参考になる著者の考え方や知識があったのでまとめていきます。 3日に分けて①②③と分けて書いていきます。 ③ではコラム感覚で書いていきます。 個人としてはすべてを鵜呑みにするのではなく、自分なり…

②瞑想をしたい気分だ。「金持ち父さん貧乏父さん」より

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) 作者: ロバートキヨサキ,白根美保子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/11/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る september36.…

①金持ちぽいことをまとめてみた。「金持ち父さん貧乏父さん」より

youtubeで分かりやすい動画があったので載せました。 www.youtube.com お金持ちの友達の父さんと、実の貧乏な父を比較した題名です。 参考になる著者の考え方や知識があったのでまとめていきます。 3日に分けて①②③と分けて書いていきます。 ①ではコラム感覚…

「20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる」を読んで

世のビジネス書は男性向けに書かれていると思う今日この頃です。 この本に対して題名をつけるなら「2011年 THE 使える言葉、100選」ですかね。 著者の言葉曰く「長編ものの本を読むより本の量を読め」だそうです。 読書を始めたばかりの人を対象にした本…

読書経過

最近読んだ本で「理科系の作文技術(リフロー版) (中公新書)」が重宝している. 研究室に入ってから,教授が卒論を意識してかレポート文章のダメ出しが辛くなっている.この本を読んだ後に"ありがたいご教授"をいただくと,本で構造を知っているので分かり…

「利己的な遺伝子」を読んで+α

12月21日(水)に投稿した「利己的な遺伝子」を読んだ書評の付け足しです。※EVERNOTEにためていた文をそのまま乗っけてます。見苦しい文で申し訳ない。推敲能力を上げる努力をしていきます。。。 バイオハザードを考えてみた。噛まれた箇所からウイルス感…

「経済は競争では反映しない」を読んで

学ぶことが多かった。考察は有意義になった。・働き方・愛情の大切さ・社会経済の根本を定義し直せた。移民の経済学もセットで読んでいたので余計に感じた。この本も「相手を全面制限するより部分的に制限して移民を受け入れることが大切」だと書いてあり、…

「空気の研究」を読んで

小中高と日本教育を受けているうちに疑問だったことを思い出させる一冊だった。複数の目線で「空気」を表現することで形が見えたように感じる。エッセイとしての側面が強く感じた。論理は自分で考える必要性があるだろう。本書に書かれている日本独特の表現…

「アドラー心理学入門」を読んで

「嫌われる勇気」の関連書籍である。理解した内容は以下である。アドラーについてはまた掘り下げて考察する予定だ。本書は必要な情報が羅列してあり、一つ一つを咀嚼するのには時間がかかるように思われた。あくまで入門書である。アドラー心理学の全体像が…

「利己的な遺伝子」を読んで

・利己 _____自分の利益だけを大事にし、他人のことは考えないこと ・利他 _____自分を犠牲にしても他人の利益を図ること http://www.weblio.jp/ 2006年に出版された本だ。書店で予算上悩んだ挙句購入した。長かったので3つのまとめがある。…

「使える脳の鍛え方」を読んで

脳科学に関する本を読んでいるとマインドフルネスという単語が出てくる。お気に入りの本は脳科学と瞑想に関する本だ。記憶力や記憶をする方法に対する先入観を払しょくしてくれるので読んで覚えておきたい。大型書店で「自己啓発」「仕事術」のコーナーにあ…

「99%の会社は要らない」を読んで

オリジナルで価値のあるもの・既存の影響とは違うもの・関連性がある・普通は行わないが必要であるものブログ機能として欲しいもの・自由なまとめ方ができる変形が可能・テキスト形式にこだわっている・画像やレイアウトを自分好みに変更できる・参考サイト…

『「書く」技術 』を読んで

朝は雨が降っていたので走りに行けれなかった。梅雨が続いてて体力が余ってしまう、運動したい。コーヒーと音楽を楽しんでリラックスしながら来週の予定を組み立てました。木曜にテストがあるので緊張をもった一週間になりそうです。 図書館で本を読みました…

本を読むキッカケ

朝はコーヒーと音楽と本を読むことにしました。本を読む目標を付けたことをまとめます。 高校あたりから本を読むのが億劫になりました。大学生では1ヶ月に1冊読んでるか読んでないかの日もありました。・アニメを見る、youtubeで実況動画を見ること・単位…