淡々と読書する日々

集中力と癒しを追及するブログ

小説

アステカ

ある農村地で父と暮らすアステカの姿があった。村にはアステカを抜いて若い担い手はいなかった。村がなくなるのも時間の問題だった。母は物心付いたときから行方が分からない。失踪したのではないのか、襲われたのではないのか不明である。父が畑仕事をして…