読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月19日(木)


 
「嫌われる勇気」の関連書籍である。
理解した内容は以下である。アドラーについてはまた掘り下げて考察する予定だ。
本書は必要な情報が羅列してあり、一つ一つを咀嚼するのには時間がかかるように思われた。あくまで入門書である。アドラー心理学の全体像がつかめた。
人間関係、仕事、家族での効果的な方法が書かれており、使っていけば役に立ちそうである。
 
 
アドラーと並ぶ有名な心理学者「フロイト」の存在を知った。
両社は対立する心理学理論を構築している。
アドラーは「目的」に対するアプローチ。人間を「社会的存在」として取り上げている。
フロイトは「原因」に対するアプローチ。人間を「動物的な存在」として取り上げている。
二人について語ると「性善説性悪説」と同じ結末が用意できると考えられる。
 
利己的な遺伝子」を読んで培った遺伝子学的な見地からつづると。
二人の理論が正しいかより「戦略的に有効な手段」かという観点から考えるとよいはずだ。
生命体の繁栄の目線から「相手を協力的だと見なしている」ほうが最終的には多くなる。
結果はどちらも生き残り、「アドラー」型が優勢に終わっていると考えられる。
 
ただし、協力的存在「アドラー」型も反映する過程で消滅したり減少する時期もある。どうしようもない危機に陥ったときは「フロイト」型に移ることも考えたほうがよいというのが意見だ。
行動原理を2対8か3対7に置いて過ごすのが良いのではなかろうか。

フロイトを読んでいないので「対立している」と自分の言葉で断言できないのでモヤモヤが残る。読む必要がありそうだ。
 
 

1月2日(月)

正月になると祖母の家に親族が集まる。
ボードゲームをするのが恒例だ。
従兄とは高校に将棋部と一緒だった。
一度も勝ったことがない。正月に成る度にチャンスが回ってくるという手合いだ。

結果は2戦して2敗した。

悔しかったが希望があった。
将棋本を読んで定跡を学んでいたので、どこが悪いのかが分かったからだ。
今までは悪手さえ分からず、倒すための術が見つからなかった。
続けていけば再来年には互角の自信はある。
収穫がある1日だった。

従兄がボードゲームドミニオンを持ってきた。
伯母や従姉妹を含めて遊んでみた。
記憶力と戦略力を試すゲームである。
単調ではあるが駆け引きが楽しい。
来年はこちらもボードゲームを用意しようと考える。


神社参拝について
祖父母と母は信仰心があるので、正月になると連れて行かれる。
精神安定剤となるので必要であろう。
代金も払っているし熱心だ。

日頃何を考えているかの習慣が言動に出てくる。性格になる。人生に直結する。哲学と言ったり、宗教家は信仰と言う。
「神社に行く」とは信仰心の更新だ。
信仰心が無いならば縁として「人生哲学」を再び更新してみると良い。
過去を振り返り未来を創造しよう。

1月1日(日)

夜は22時には寝て、朝は6時30分に起床しました。
新年ですね。これからも"習慣"を重視した日常を送ります。

金銭面に恵まれていたらの話ですが、本をあと80冊は読みたいと考えています。
実際の現状を鑑みると50冊行くかも分からないのですが、服装は白と黒で統一してバイト先で買っているので安くは済ませています。
学校での昼も少なめにして朝はしっかり食べるという中年に向けての健康を気にしたサイクルです。
金銭面の節約として考えられるのは電子書籍で読むことです。
全ての本に対して割引されている訳ではありませんが安くなる本があるので検討しています。
使っていない3DSLLを売れば場所も空くし一石二鳥です。

12月30日(金)

目標を立てて読書をしていると小中高の読書との仕方の違いに気づかされる。

読書の楽しみの入り方は娯楽本であったが、今は方法や知識欲求のために読んでいる。

知らないことを知るのが楽しい。

 

高校までは学校にあるファンタジーの小説はほとんど読み漁った。

段々と文章が稚拙に感じられるようになって、展開も読めるようになった。

ファンタジー小説はありふれていてつまらなくなった。

自分にとってアイデンティティの象徴でもあった「ファンタジー」が現実よりも色が落ちてきた。

現実のほうが何倍も楽しくなった。

すると今度は楽しんでいる自分が恐くなった。人生をコントロールしている感覚が落ちてきた。

達成があった、挫折もあった。けどファンタジー小説を読んで飽きてきたように先にわくわくするものがなくなっていることに気づいた。これの繰り返しかと。

圧倒的に情報が不足していた。感情で人生をたどっていた。

目の前の一喜一憂ばかりが目に留まっていた。

 

挫折をして本を読んだ。自分のたどってきた道の理由が分かってきた。

まずは自分を知ることから始めた。親の性格を観察した。祖父母のことを考えた。

親しい散髪屋の店員に自分の性格を聞いた。本を読んで欠けていることを探した。

生活環境、食事、体調管理を見直した。

どうしようもない環境要因は制限として受け止めた。

日頃の習慣を立て直すと視野が広くなった。性格も前に比べて悲観的ではなくなっているだろう。行動の達成率も高い。本を読み、集中して取り組めることを見つけたので人生に好きな色がつけれるようになった。一生を込めて取り組みたいことは自分のためにする必要があることが分かった。

 

 

 

12月29日(木)

パソコンのパスワードを忘れてしまい、初期設定まで戻っていました。

データはクラウド保存と決めているので損害はほとんどありませんでした。

ただ時間が大幅に削られるミスでした。気を付けます。

CLIPSTADIOに登録しておりアプリケーションをダウンロードしていました。

ダウンロード回数は1回のみと付属ケースに書いてあり、焦って公式サイトを探してみたらダウンロードは2回までと変更されていました。よかった。

パスワード管理に気を付けます。。。

12月28日(水)

バイトを5時間入れて疲れていたのか22時から11時まで寝ていた。


久々に長時間寝て夢を見たので感傷に浸っているのかと考えたが違ったようだ。
バイトで1日の5時間を違う環境で過ごす変化に脳が動いてたようだ。
思春期には夢をたくさん見た。母親が保育士をしており遺伝のためか感情が豊かでもある(右脳) 一時的なものだろう。


朝起きたら瞑想をし、タイマーをセットして行動を起こそう。
どんな時も場所でも同じ生産性を出せるように習慣に入れてしまおう。

IOT(モノのインターネット化)の話が夢があって面白いです。引き続き読んでいきます。

12月23日(金)

本を3冊買いました。

 

 
「嫌われる勇気」で知名度が上がっているので読んでみます。
フロイトユングの心理学も見識として読もうと考えています。
 
・限界費用ゼロ社会
中をめくってみるとIOT(もののインターネット化)について語っていました。
専門的な情報知識に日頃触れているので興味が湧きました。
 
・経営の教科書
従業員やサラリーマンへの本は読んでいますが、社長目線が斬新なアイデアになることを願ってます。